SHINeeにまつわるお話したいな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『インセプション』ジャパンプレミア レッドカーペット

今年一番の期待作の『インセプション』のジャパンプレミア レッドカーペットに参加して来ました。応募の時から気合い入れてたので、当選して嬉しかったです。そして当日はレオファンの友人達が早くから並んでくれたお陰で、カーペットに面した最前列に入れました(友人達に深く感謝!)。


映画自体は15日の試写会で見ていたので、いつもと違って心に余裕がありました。逆に言えばワクワク感が少し足りなかったかも? 期待が大きすぎたせいで、私は少しだけがっかり感があったのです…。たとえば萩尾望都先生の「銀の三角」とか、士郎正宗先生の「攻殻機動隊」とか、夢からさめる夢を題材にした名作をいろいろ知ってますからね。レオが亡き妻を思う『シャッターアイランド』と被る役なのも残念でしたし。それでもすでにIMAXで2回目を見たほど好きなことも確かなんですが。


レオに合うのは初めてでした。『タイタニック』の時もあの熱狂にはのれなかったし、『ロミオとジュリエット』の美しさが一番印象に残っている俳優かなあ、私にとっては。そうそう、最近では『ブラッド・ダイヤモンド』がとてもよかったです。


レオとは言葉をかわすこともなくサインをもらっただけだったので生の印象は薄いんですが、もらったサインがとても小さかったことと、渡辺謙さんをたてて、とても謙虚な人だな、という印象を持ちました。


それよりですね、『バットマン・ビギンズ』『ダークナイト』と2度もチャンスがありながらもらえていなかったクリストファー・ノーラン監督にサインをもらえたことが非常に嬉しかったりしました。過去のその2度はものすごくクールで、ファンに笑顔を見せることもなく、スーッと行ってしまったんですが、今回はそれが嘘のようににっこにこの満面の笑みでサインしてくれたんですよ。ちょうど全米のオープニング興行成績が出たばかりで、それが素晴らしいものだったから、もう安心するやら嬉しいやら、という感じだったのでしょう。

唯一残念だったのが、渡辺謙さんにサインをもらえなかったことだったので、それを次回の楽しみにまた彼のハリウッド出演作を待つことにします。

スポンサーサイト
2010-07-26 : アメリカ映画 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

『タイタンの戦い』ジャパンプレミア レッドカーペット

2月にジャパンプレミアとレッドカーペットという記事で書いたように、サム・ワーシントンに会いたかったので応募を頑張り『タイタンの戦い』のジャパンプレミア レッドカーペットイベントと試写会に参加して来ました。洋画のジャパンプレミアは本当に久しぶりです。


今回はTOHOシネマズ六本木ヒルズの劇場前のエントランススペースがレッドカーペットの会場でした。ゲストを迎える日本側のホステスは優木まおみさん。私は胡軍(フージュン)が来日した時の『レッドクリフ』のDVD発売イベント、ソ・ジソブが来日した時の『I am Ghost』イベントに続いて3度目。今、映画の宣伝ではもっとも引っ張りダコのタレントさんですね。


サムたちの到着が20分くらい遅れたので心配しましたが、いつものアリーナと違い収容人数は100名弱。そのせいか時間は短くとも希望者にはたぶん全員がサインしてもらえたのではないでしょうか。


初めて会ったサム・ワーシントンは、眼鏡のせいもあり一見普通のお兄ちゃん。脱いだらすごいのでしょうがスタイルもあんまりスラーッとはしていない。だけどとっても気さくで親しみのもてる人でした。






私もコンパクトデジカメを購入したこともあり、はじめてカメラを渡しツーショットを撮ってもらいました。ひとりがしてもらうと、皆、我も我もとカメラを渡そうとするのが面白かったです(笑)。最初にしてもらった人はプレゼントを渡したからサムの方から写真も一緒に撮ろうと言ってくれたみたいなのですが、後の人はプレゼントなしで「獲って獲って」と。気のいいサムだから快くばんばん一緒に撮ってくれました。


で、実はルイ・ルテリエ監督の方がサムよりも明るくてノリノリな人だったので、ツーショットもこんな感じです。

映画の方は、撮影時には3D用のカメラで撮影していなかった3D映画ということですが、座席が前の方だったせいか、かなり立体感があり、特に海の奥行きが素晴らしかったです。波しぶきなどの水の表現もリアルでした。

ギリシャ神話ということでなじみのある物語でしたが、お話としてもワクワクして楽しめました。
公開は4月23日(金)からです。

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

2010-04-12 : アメリカ映画 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

『ニンジャ・アサシン』


前売券が発売されないわ、宣伝は全く目にしないわの扱いですが、女性デーの今日、見て来ました。

やはりRain(ピ)ファンの女性客ばかり。男性は1割くらいだったかな。入り自体も100人はいなかったと思います。宣伝をほとんどしてないのでは、映画ファンにすら存在を知られてないのかも。

さて、作品はジョエル・シルバーのダークキャッスルという低予算専門のレーベル作品ですから、徹底的に予算はかけられておりません。しかし、その中でいい作品を作ろうという作り手の心意気は充分感じられる出来になっていました。まず、オープニングシークエンスの首チョンパが素晴らしい! もうそのキレの良さに拍手。このシーンの印象が良すぎて、Rainが登場してからのアクションがちょっと見劣りしてしまったほどです。もちろんRainのアクションも素晴らしかったので、見せ方の問題なんですが。

ストーリー自体には特に深みもなくシンプルなのもので、ダークなダークなアクションを楽しんでもらいたいと思います。


2010-03-10 : アメリカ映画 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ジャパンプレミアとレッドカーペット

昨年もたくさんのプレミアに参加しましたが、なんというかもう満足感があるというか、新たなプレミアに頑張って応募しようという気があまりおきなくなっています。

今は寒い時期だから並ぶのが辛いというのが一番の理由なんですが、私もけっこう飽きっぽいからなぁ…。一時期あんなにハマっていたフィギュアやドールの趣味も今はさっぱりだし。

そういうわけで今年は、映画が見られる試写会はともかく、レッドカーペットは本当に好きな俳優さんが来日する時だけ応募しようかなと思ってます。でも一方でちょっとだけ興味があった俳優さんにレッドカーペットでとてもよくしてもらって、結果大ファンになってしまった、ということも過去に多々あるので、好きな俳優さんだけに会っているとそういうことは全くなくなってしまうのね、という淋しさもあります。

たとえば『バットマン・ビギンズ』ではリーアム・ニーソンとジェラルド・バトラー、『スーパーマン・リターンズ』ではブランドン・ラウスとケヴィン・スペイシー、『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』ではベン・バーンズなどが予想以上の好印象で大好きになってしまった人たちでした。

レッドカーペットでは一瞬ともいえる短い時間なのに、しっかりスターの人柄が見えるので、本当に面白いんです。だから逆に興味を失った人もいますよ。たとえばニコール・キッドマンとか…(^_^;)。

ともあれ、今年来日が予想されるハリウッドスターではサム・ワーシントンの人柄に触れてみたいかな。『アバター』の超大ヒットで、競争率が物凄そうだから実現する可能性はかなり低いですけどね。

2010-02-20 : アメリカ映画 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

『アバター』

XpanD方式のスクリーンと、IMAXで3D字幕版を見ました。
うーん、初めてキャラクターとか映像を見た時の印象がすべてでした。

その時の印象とは、
「ありがちなデザインのキャラクターだな…」
「どっかで見たことのある異世界の景色…」
「3D3Dって、もう3Dが普通の時代なのに…」
というもの。

本編を見てもその印象がくつがえることはありませんでした。アン・マキャフリィのSF小説「竜の戦士」とか大好きだったから、それが実際の映像として見せられてるのはそれなりに楽しかったけれども。でもオリジナリティが感じられないものは私は評価しないんです。唯一評価するとしたらエモーションキャプチャーと呼ぶ技術かな。ナビィたちの顔の表情はとても自然でした。

キャメロン監督は「14歳の僕が見たい映画を作った」と言ってますから、最初からローティーンまでの映画だと思っていれば腹も立たないのかもね。物語が善悪が単純すぎて、この時代にそれはないだろう、というのが一番つまらなく感じた原因でした。映像を楽しむ映画で、大人が語る映画ではなかった。
残念です。

2009-12-28 : アメリカ映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

楽天でお買い物

SEARCH

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

プロフィール

salleana

Author:salleana
読みがな:サリーナ
Twitter ID:salleana

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。