SHINeeにまつわるお話したいな

『G.I.ジョー』ジャパンプレミア


撮影:パールマンさん

ららぽーと豊洲でのジャパンプレミア レッドカーペットセレモニーは『ターミネーター4』以来2度目ですが、『T4』とはだいぶ勝手が違い、前回の経験が生かされたかというと???でありました。

ワーナーブラザーズや『T4』のソニーピクチャーズはイベントを開催させたら1,2を争う優秀な会社が運営しているので、何もかもスムーズ。それに比べパラマウントが使っているイベント会社は…(^_^;)。徹夜禁止、並び禁止、参加可能人数よりも大幅に当選させた招待状など、ダメ出ししたいことが山ほどありました。よかったのは整理券との引き換えを試写会8:30、レッドカーペット10:00と早いものにしてくれたことくらい。試写会の座席指定券引き換えでも来た順で引き換えることができなくて後から来た人がすばしっこく前列を取ってしまったそう。

あと会場の設計者に一番文句を言いたいのは舞台の低さですね。高さが50cmくらいでは後ろの人は全く見えなかったことでしょう。通常ならオーロラビジョンで中継して後ろの人にも見えるようにするのに、それもなかったのです。予算ケチってるなあ、と設営を見た瞬間に思いました。

とまあ、運営側には文句を山ほど言いたいのですが、監督・プロデューサー・キャストの面々がとっても素敵な人たちだったので、終わった時にはなかなかの笑顔になれました。マーロンは面白いし、チャニングも愛想よかったし、シエナものりのりでツーショット撮影に応じていたし、ドレスのせいかちょこちょこ歩きしていたレイチェルは可愛かったし、私もソマーズ監督に「『ザ・グリード』大好きなんです!」と伝えられて満足です。監督は「え!?」と予期せぬ映画の題名を聞いて一瞬驚いたのち「素晴らしいエンターテインメント!」を受けて「いつもそうありたいよ」と答えてくれました。

で、ビョンホンはやはりハリウッド形式のレッドカーペットにはまだ慣れてない感じがあって「とても真面目」。ビデオカメラの取材に一所懸命答えていて、最初のうちはほとんどファンの方を見る余裕がなかったように感じました。だけどだんだん時間が過ぎて行くにつれ、ファンに手をふったりする様子がみられ、フォトセッションが終わるとレッドカーペット最前列の前をゆっくり歩いてくれました。

ねぇ、この時最後の方だけじゃなくて最初からサインもしてくれればよかったのにぃ。まあウソンに続いてしっかり目と目が合った状態で握手してもらえただけでも、徹夜して並んでくれた友人に大感謝!なのですが。

それにしても、生で会ったのはウソンの方が2001年とずっと先でしたが、韓流追っかけのスタートといえば2005年の川崎チネチッタでのビョンホンだったので、握手ができたとは感慨深いものがあります(その時の記事はこちら)。

でも、試写会の方では司会者が散々「席を立つな」と言っているのに場内後ろの扉から登場したビョンホンに突進するオババが2人もいたのには辟易させられました。阻止するボディガードとラグビーのタックルのように組み合っている姿は本当にみっともなかったです。

さて映画『G.I.ジョー』ですが、あまりに目まぐるしくって疲れました(笑)。緩急の緩があまりなく、ひたすら突っ走った感があります。全体的には面白いのだけど、残念ながらビョンホンのストームシャドウはやっぱりステレオタイプな感じがしました。まあ『グッド・バッド・ウィアード』の個性的な悪役の後に見たら遜色があるのはしかたないかな。だから日本人は幸運ですよ。公開順どおりに見ればいいんですもの。

『G.I.ジョー』はどうやらあと2作は作られるみたいなので、ビョンホンのサインは次回にとっておくことにします。1度で完璧に満足するより、目標がこれからもある方が楽しみが続いていいものね!(パールマンさん、画像ありがとうございました)

2009-07-30 : アメリカ映画 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

虹が出ました







レッドカーペット本番直前に雨が止み、虹が…。

天の演出もここまで劇的にしなくていいのに(^_^;)。レインコート着てたんですけど、完全防水じゃないものだったみたいで、中までびっしょりでした。

結論から言うと、レイチェルとビョンホン以外からはサインもらえました。ビョンホンはサインしたのは最後の方のごく限られた人たちだけでした。

でも、私は握手してもらえたからまだラッキーでした。

2009-07-27 : アメリカ映画 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

『G.I.ジョー』ジャパンプレミア前哨戦







レッドカーペットの整理券をもらって、のんびりと集合時刻が来るのを待っています。

『ターミネーター4』の時とだいぶ配置が違い、レッドカーペットに面した所が少ないので、サインをもらうのはかなり困難な感じです。はなからサインすることを排除しているような…。

ステージも全然高さがないので、後ろの人は何も見えないかも…(>_<)。

さて、どうなることやら。


2009-07-27 : アメリカ映画 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ウソン、無事来日しました

チョン・ウソンは13:49羽田着の大韓航空で無事に来日しました。

白いジャケット、ブルージーンズ、白い革靴と、今まで空港でお出迎えした中で一番カッコ良かったです!


外のロータリーで出迎えたファンは100人ほどで、直前まで降っていた小雨もピタリとやんで、ゆっくりと歩きながら、ひとりひとりの顔を見ながら握手してくれました。
こんなの、初めて~(感涙)。

写真撮影は禁止でしたが、その分じっくりウソンを見れましたから悪くなかったです。写真がOKだと撮影に気をとられて表情とかよく見てなかったりしますからね。

WOWOWの公式来日は
「エアー・シティ」のチェ・ジウの時も経験ずみでその時も感じましたが、ファンにとても親切に対応してくれるので、本当に嬉しいです。

テレビカメラもフジテレビが来てましたので、今夕のスーパーニュースや明日のめざましテレビは要チェックですよ!

2009-07-21 : チョン・ウソン : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

『豪雨時代』日本で今年11月に公開

翻訳記事はこちら

チョン・ウソン主演、ホ・ジノ監督作品『豪雨時代』はアミューズソフト+ショウゲート+WOWOWのコラボでシナリオの段階で買付されたとのこと。
韓国での公開と時差なしに日本公開とは嬉しいですね。
でもソウルにはたぶん舞台挨拶観に行っちゃうよ(笑)。

ん?
ということは、7月から11月まで運がよければ毎月のようにウソンに会えちゃうのね!

2009-07-20 : チョン・ウソン : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

楽天でお買い物

SEARCH

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

プロフィール

salleana

Author:salleana
読みがな:サリーナ
Twitter ID:salleana

QRコード

QRコード

FC2カウンター