SHINeeにまつわるお話したいな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【ソウル旅行記4】焼き肉~!


サムギョプサルとテンジャンチゲ

画像を披露したかったので【旅行記4】も書くことにします。今回はウソンとは全く関係ありません。

今回泊まったのは仁寺洞のクラウンホテルでした。ツアーの最初の夜だけ夕食が付いていたのでガイドさんと一緒にホテルの向かいの焼き肉屋さんへ。焼き肉は豚の三段バラ肉のサムギョプサルです。私はよく新大久保や福富町でも食べに行くほど好き。ガイドさんが一緒に食べてくれたのでいろいろウンチクが聞けて良かったです。


テレビの料理ショーみたいだったので思わずパチリ

コックさんが店内に向かって肉を切り分けていて、なかなか楽しいお店でした。夕食はサムギョプサルかチゲを選べたのですが、ひとりでもサムギョプサルを選ぶと同じ店で食べられるチゲはテンジャンチゲオンリーということでした。スンドゥブチゲは焼き肉には合わないらしくこの店では出していないとのこと。同じようにマッコリを飲みたかったのですが焼き肉に合わないらしくこの店では置いてない。デザートに出てきたスジョンガ(ニッキ味の甘い飲み物)を他店で飲もうとしたら「うちは焼き肉屋じゃないから置いてない」と言われるし。韓国では店が細分化されていて新大久保のようにどの店でも何でも置いてあるわけじゃないんですね。ガイドさん曰く、サムギョプサルによく合うテンジャンチゲを一緒に食べるのが美味しいとのこと。確かにテンジャンチゲも美味しかったです。


肉を巻く野菜

肉を巻く葉っぱにこんなに種類があるとは。エゴマの葉とサニーレタス以外は食べるの初めて。何の葉か説明してもらわなかったけど、ちょっと固めなだけでそんなに味にクセはなかったです。あと青唐辛子はこの大きさのものは辛くない種類だそうで、かじっても本当にあまり辛くなかったです。本当に辛いのはもっと小さい種類なんだそう。

他に画像はないんですが、韓国では二日酔いに良いというブゴグッという干し鱈のスープも食べました。検索したら同じお店のブゴグッを紹介しているブログがありましたのでリンクさせてもらいますね。TAKADAnoBARの育ち方 そしてソウルナビ

本当は19日が土用入の日だったのでサムゲタンを食べたかったんです。韓国では土用にはサムゲタンを食べるものだそうで。ところが行列がすごかったのでたどり着いたのがこのプゴグッチッ・ムギョドン・トジュッコルというお店だったわけ。この一帯はシーフードの店が多かったんですが、一番混んでいる店が美味しいだろうと有名店だと知らずに入ったの。実際に美味しかったです。ごはんに乗せてアミの塩辛も初めて食べましたが生臭くなく美味しくてヤミツキになりそうでした。

今回は目的がウソンに会うことと映画を観ることだったので、食べる方はおろそかになりがちでした。朝食はコンビニで買ったパンだったり、ツアーに付いていたホテルのアメリカンブレックファストだったり(クラウンホテルの朝食はまずかった…。小さなバターはふたをめくったら酸化してたし)。パンはホテルの食パンはスカスカで不味かったですが、コンビニの菓子パンは普通でした。それより感動的だったのは【旅行記2】のcinusタンソンサの向かいにある(ピカデリー劇場のそば)ベイカリーです。イートインにしたら一口大にカットしてくれてフォークを付けてくれたんです。日本でも取り入れてほしいサービスだと思いました。あとロッテリアのハンバーガーがとてもニンニク臭かったのが強く印象に残りました。

最後の日にホテルの近くにお粥屋さんがあるのを知り、私は朝食にカボチャ粥をW4000で食べましたが、もっと早く知ってればと地団駄を踏みました(笑)。
ソウル旅行記1このカフェに行きました
ソウル旅行記2奴のある風景
ソウル旅行記3観光篇
関連記事
2008-08-12 : チョン・ウソン : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

楽天でお買い物

SEARCH

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

プロフィール

salleana

Author:salleana
読みがな:サリーナ
Twitter ID:salleana

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。