SHINeeにまつわるお話したいな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『悲夢』初日舞台挨拶@新宿


映画は期待どおり。
キム・ギドク監督作品にしてはセリフが多い方で、イ・ナヨンさん曰わく「韓国では大衆に近づいたと言われている」。
私は好感を持ちました。

キドク監督の今までの作品って、必要がないからセリフがないというより、手抜きというか、熟考する時間が惜しくてセリフがないという感じがしたんですもの。

登壇したオダギリジョーさんは予想以上にヘンテコなファッションで顔がよく見えませんでした(^_^;)。→Variety Japan

自分でも「よくご存知だと思いますが、僕は舞台挨拶はいい時と悪い時があります。今日は悪い時です(笑)」と言ってました。

でも初日プレゼントで阿蘇の水のボトルももらえましたし、ヘンテコファッションでもオダジョーを見れたのは嬉しかったし、やっぱり行って良かったです。


関連記事
2009-02-10 : 韓国映画 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
『良い奴、悪い奴、変な奴』DVDは3月上旬発売! «  ホーム  » 『ベンジャミン・バトン -数奇な人生-』ジャパンプレミア
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『悲夢』:劇場鑑賞&初日舞台挨拶 in新宿武蔵野館
キム・ギドク監督の15作目『悲夢』(原題は『非夢』)。 現実の世界と夢の世界が、不思議に違和感なく融合した、面白い映画でした。 主演は、日本のオダギリジョー。 相手役は、『私たちの幸せな時間』『小さな恋のステップ』などで、 韓国の監督に大人気のイ・ナヨン...
2009-02-13 00:59 : hoppenの韓的な日々♪
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
はじめまして。

ホントにね~。
もうなに考えてんだか・・私は彼の大ファンですが、もしマネージャーか近くにいたら(私が)おしりペンペンどころじゃありませんよ!せっかく楽しみに皆さんいらしてるのに・・・。
それはさておき、
映画はいかがでしたか?
田舎におりますので観るのはずっと先のことになりそうです。
2009-02-10 18:30 : さゆみ URL : 編集
良かったですよ!
さゆみさん、初めまして。
ファッションでお尻ペンペンしたくなるのは、
韓国人俳優で慣れてはいるんですけどね(笑)。
でもオダギリさんは狙ってやってるから仕方ない気が。
映画は美術が素晴らしい。
悲しいだけじゃなくぷっと笑えるシーンもあって
とても楽しめました。
早く観れるといいですね。
2009-02-10 19:31 : salleana URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

楽天でお買い物

SEARCH

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

プロフィール

salleana

Author:salleana
読みがな:サリーナ
Twitter ID:salleana

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。