SHINeeにまつわるお話したいな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

日本初デジタルIMAXシアター、オープン

19日の公式オープン前日の18日にプレイベントで109シネマズ菖蒲でIMAX版『ダークナイト』の上映があり、幸運にもお誘いいただけたので神奈川から2時間かけて見に行って来ました。

まず久喜駅から109シネマズ菖蒲までの田園風景に和む和む(笑)。見渡す限り田んぼだらけでシロサギが何羽も餌をついばんでいました。

そんなのんびりした風景の中に突如ドーンと建っているのが109シネマズ菖蒲の入っている建物。ちょっと不思議な空間でした。

私はIMAX上映館としては4館目の経験です。一番最初は横浜こども科学館で、ドーム型だったので特殊でした(それはスター・デストロイヤーが頭上を飛んだのでドーム型で正解でした)。また、東京ドームで上映された『スピード・レーサー』もジャパンプレミアの1回のみの特別上映だったので他の参考になりません。

なので、比較できるのは今はなき品川しかありませんが、今回の109シネマズ菖蒲は初のデジタルIMAXということで興味津々でした。

まず品川との違いはスクリーンの縦横比です。品川は縦が大きく、正方形に近い印象がありました。それに比べ菖蒲はかなり横長です。だから『ダークナイト』のIMAXカメラで撮影された部分も、少々上下がカットされているらしく、他の35mmで撮影された部分と違和感なく見られました。お話の中に集中していた人は少し上下に広がったくらいでは気づかなかったかもしれません。

ただ、IMAXの部分(冒頭の10分と、香港、ゴッサムのビルを写した遠景、ブルースがランボルギーニを運転したシーンなど)はフィルムが大きいから情報量が桁違いで、本当にきれいでした。デジタル上映というのも、初期のDLP上映よりだいぶ技術が向上して、にじみなどまったくないクリアな映像でした。こういうたとえだと萎えるかもしれませんが、巨大なハイビジョンテレビを見ているよう…。とにかくぼやっとした部分が全然ないんです。

昨日のオープンからは『トランスフォーマー リベンジ』が上映されているので、ぜひとも今度は近場の109シネマズ川崎で見て来ようと思います。

関連記事
2009-06-20 : 映画全般 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

楽天でお買い物

SEARCH

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

プロフィール

salleana

Author:salleana
読みがな:サリーナ
Twitter ID:salleana

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。