SHINeeにまつわるお話したいな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『スパイダーウィックの謎』


(c) 2007 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

実は私はこのところのファンタジー映画の流れにまったくついていけていません。それは『ナルニア国物語』あたりからかなあ。子役の顔を見た途端に見る気がしなくなってしまって(汗)。

ゲド戦記もナルニア国物語も大好きな小説だったので、なかなかイメージが違うと見るのが難しいものがあるのです。だから本当に『ロード・オブ・ザ・リング』は希有な成功例でした。

前置きが長くなりました。
この映画の原作「スパイダーウィック家の謎」も有名な児童小説だということですが、幸いにも未読だったのですんなりと映画の中に入っていくことができました。

というか原作うんぬんよりも私がこの映画を見たいと思ったのはキャスリーン・ケネディのプロデュースにILMの特殊効果だったことなんですよね。予告編を見ても出てくるクリーチャーが好みのタイプだったし、そもそも妖精は昔から大好きでファンタスティックアートなどの輸入の画集を買い集めたりしていましたから。

結果は期待に違わずとても楽しめる出来になっていました。しっかりとしたシナリオなので大人の観客でも退屈することはないと思います。最後には涙が止まらなくなるようなエピソードがあったりもするし。さすがキャスリーン・ケネディという感じで『E.T.』と同じ香りがして懐かしささえ感じてしまいました。

あとフレディ・ハイモア君が双子の両方を二役で演じているんですが、その演じ分けも見事でした。

公開は4月26日です。

関連記事

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2008-02-27 : アメリカ映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

楽天でお買い物

SEARCH

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

プロフィール

salleana

Author:salleana
読みがな:サリーナ
Twitter ID:salleana

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。