SHINeeにまつわるお話したいな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

六本木ヒルズでのジャパンプレミアやレッドカーペットイベントについて

最近『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』のワールドプレミアが近づいてきたせいか、「六本木 レッドカーペット」で検索して来てくれる人が多いです。なので私の知っていることを書きます。あくまで過去の事例なので、前例のない新しいことが起こる可能性もありますので、そこのところはよろしく。

六本木ヒルズには地下2階にアリーナというイベントスペースがあって、ハリウッド大作のジャパンプレミアではそこでレッドカーペットイベントが行なわれることが多いです。だいたい各映画サイトで募集される招待数(収容人数)は合計400組800人くらい。配給会社によっては800人も招待せず、スカスカの状態でイベントを行なうこともあります(ブエナビスタとか。『007/慰めの報酬』のソニーピクチャーズもかなり少なかった)。参加者にとっては招待状を当てる確率は低くなるけど、イベント当日が楽なので、招待客は少なめの方が嬉しかったりします。

一方でとても招待数が多いのがワーナーブラザーズ。でもワーナーはイベント会社が抜群にしっかりしているので、運営もスムーズだし安心して参加できます。最近は早めに整理券を出してくれることもありますしね。ワーナーは招待状がなくても、当日会場が空いていると思ったら偶然その場に居合わせた人を誘い入れたりもします。

また、今は解散したUIPのように会場を黒幕で覆ったりもしないので、けやき坂からテレビ朝日の巨大モニターのあたりまで、フリーのスペースにいてもけっこうイベントが見れたりします。『スウィーニー・トッド』のジョニー・デップの時や『地球が静止する日』のキアヌ・リーブスの時などは、そのフリースペースの人たちにもサインしてあげていました。

最近はこのアリーナで東宝が完成披露試写会でイベントを行なうことも増えてきたのですが、東宝の場合は公開記者会見という形にすることが多いです。ただ観客はハリウッド映画のようにキャストにサインはおろか握手さえ求めることもできないし、質問も全くできないので、ちょっとストレスがたまるイベントになっています。

さて、問題は大手ではない配給会社の場合です。その場合はTOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶付きのプレミアを行ないながら、アリーナでは予算その他の都合でレッドカーペットイベントを行なわないことも多く、イレギュラーな設定で劇場前の階段とか玄関前とかでレッドカーペットイベントを行なうこともあります。真田広之さんとチャン・ドンゴンが歩いた『プロミス』や『ジャンパー』『P.S.アイラブユー』なんかがそうでした。

そういうイレギュラーな場合は舞台挨拶付きのプレミア招待状を持っている人だけに参加権があったり、招待客ではなくサクラを入れたり、FC会員限定の招待客だったりと、まったく法則がありません。ひとついえるのは、招待状を持っていない人が当日その場に行って見るのはまず無理だとういうことです。アリーナと違って場所が非常に狭くなりますから、その場所が見える遠くからの場所でさえ、警備員に「立ち止まらないでください」と追い払われます。

『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』の場合は配給がギャガなので、全く予想がつきません。ギャガが配給した『サッド・ムービー』の時は場所はシネマメディアージュでしたけど、ロビーを使って粋なレッドカーペットイベントを開催してくれました。でも六本木ヒルズのロビーはメディアージュほど広くないし、館内でレッドカーペットイベントを開催するのはまず無理だと思います。

当選すれば招待状が届くまであと数日。かなりの狭き門でしょうが、幸運な人の一員になりたいものです。
2009-05-21 : 映画全般 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

日テレ黄金週間で

『愛を読むひと』と『ラッシュライフ』を観た。
『愛を~』は最初、青い体験のような描写が続き、ちと赤面しました(^_^;)。
後半は予想外の展開になり、胸にぐっとくるシーンも。
『アヴァロン』でもロケしたポーランドの風景(調べてないけど、路面電車が出てたからたぶん)が情緒的で良かった。

後者の『ラッシュ~』は学生が作った映画ということで、ある程度覚悟して観ました。
最初は予想どおり辛かったけど、寺島しのぶさんが出てきてからやっと面白くなりました。
彼女と堺雅人さんのファンだけは観る価値ありかな。
2009-05-05 : 映画全般 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『オーストラリア』ジャパンプレミアはワーストレッドカーペット

あまりのひどさに記事にする気が失せ、2月26日(木)に行なわれた『オーストラリア』ジャパンプレミアのレポートを今ごろアップです。

この日は邦画の舞台挨拶つき完成披露試写会が2つ、洋画のジャパンプレミアが2つと4つも映画のイベントが重なった日でした。うち3つ(『ヤッターマン』『オーストラリア』『映画は映画だ』)は全部行きたいイベントでしたが、身体が3つあるわけもなく、とはいえ時間的にハシゴが可能な『オーストラリア』レッドカーペットイベントと『映画は映画だ』第二部のプレミアに参加したのでした。お誘いいただいたつぶあんさん、ハシゴに付合ってくれたまっちさん、どうもありがとう!


まず、レッドカーペットイベントが行なわれた場所がまずかった。
有楽町マリオンの銀座へ抜ける通路になっている吹き抜けを通行止めにして行なわれたのです。推測ですが、通行止めにする許可が10分しかおりなかったのでしょう、そのため史上稀に見る短いレッドカーペットイベントとなりました。

マリオンだったら8階あたりにはエスカレータしかない素晴らしいスペースがあるのに、なんで通路でやらなければならなかったのかなあ。


本当に10分でいったい何ができるというのでしょう。おまけにヒュー・ジャックマンとニコール・キッドマン、バズ・ラーマン監督・米倉涼子さんの到着が5分くらい遅れましたから、さらに時間は短くなり、フォトセッションとごくわずかのテレビカメラの取材をこなした彼らはそそくさと劇場に上がって行ってしまいました。


その上、招待状には何も記載がなかったのに、皆が位置についてスタンばっていると突然主催者から「レッドカーペットイベント参加者は舞台挨拶上映は見れない」というアナウンスまであったんです。ほとんどの人が朝早くから並んですでに座席指定席に引き換えていましたから、ファンは茫然自失です。それをファンに伝える役目をするはめになった司会の伊藤さとりさんも本当に申し訳なさそうで(彼女には全く責任ないのに)気の毒になったくらいです。

カメラマンも殺気立ってそばにいるスタッフに「どけっ!」などと怒号を浴びせるし、ヒューにサインをもらえたごく一部の幸運なファンをのぞいて、凍りついたようなイベントとなっってしまったのでした。

当然ファンはそのままでは気持ち的に帰れませんから、座席指定券を持っている人は11階へ上がり舞台挨拶上映へ。なんと劇場ではまだ普通にレッドカーペットイベント参加者以外の人もゆっくり入場しています。おかげで無事に私も舞台挨拶を見ることができましたが、劇場スタッフに通達がいってなくて助かりましたよ。座席指定券との引き換えの時も別に「○○分までに入場すること」なんて言われてなかったから(ハガキにも記載なし)、上映開始の19:15に間に合うように入場すればOKだと誰だって思いますよね。

劇場内ではレッドカーペット参加者が引き換えた前列の座席が空席になるのを避けるため、サクラとして係員が空席に座っていました。まあすぐどいてくれたからよかったですが、時間がないのにさらに席に着くのに時間がかかってしまっていましたよ。

そうして見た舞台挨拶がとても楽しいものだったのが唯一の救いです。
「笑っていいとも増刊号」でもヒューのサービス精神には感嘆しましたが、彼は本当にエンターテイナーな人でした。ニコールの方は、まあちょっとあれですね…ごにょごにょ(^_^;)。

ということで、レッドカーペットイベントとしては『M:i:III』に次ぐワースト2となりました。観客を背景に利用するだけっていうのが本当に腹が立ちます。

だからお金を払っては『オーストラリア』本編は見ません! そう出来がいいとも聞かないしね。この企画をした20世紀フォックスのイベント担当者に猛省を望みます! 良いクチコミあってのイベント宣伝効果でしょうに。

2009-03-20 : 映画全般 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

なんてこったい!

『映画は映画だ』のジャパンプレミアまで2月26日開催ですって。
なんでまたこうも同じ日に…(>_<)。

『V フォー・ヴェンデッタ』→『デュエリスト』以来の
プレミアのハシゴをすることになるかも…。
あの時は両方とも有楽町での開催だったからできた技でしたが。

まあ心配する前に招待状&有料入場券を手に入れなければね!
2009-02-12 : 映画全般 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

クリスチャンのリミックス最高!

昨日、『T4』撮影中のクリスチャン・ベールの暴言音声が流出しましたが、
今日になってそのリミックス・バージョンがYouTubeやMySpaceにアップされました。
ここ

これがもう最高の出来でして。

タコな撮影監督を懲らしめるためにわざと
アメサイを再演しているとしか思えなくなってしまいました(笑)。

MP3版を保存です。
2009-02-05 : 映画全般 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

楽天でお買い物

SEARCH

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

プロフィール

salleana

Author:salleana
読みがな:サリーナ
Twitter ID:salleana

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。